基本料金無料で使った分だけの従量制料金で電気が使える新電力

2016年4月から始まった電力自由化後に電気の小売り事業に参入した「新電力」には、基本料金を0円としているところがいくつかあります。

大手電力会社の料金の場合は、使っても使わなくてもかかる基本料金や最低料金がありますが、新電力の基本料金0円プランではこれが無いのです。

従量料金の単価と電気の使用量で決まる従量料金だけなのでシンプルでわかりやすいです。実際の料金はこれに燃料調整費と再エネ賦課金が加算されますが、料金のメインは従量料金の部分です。

使った分だけ料金がかかる仕組みなので、出かけていることが多くて家にいる時間が短かい人や一人暮らしで使用量が少ない人は注目のプランです。

基本料金無料プランは従量料金の単価は少し高めに設定されているため、電気の使用量によっては基本料金有りで従量単価が低い電力会社の方が料金は安くなる場合もあり、電気代が安くなるかどうかは今の電力会社で支払っている基本料金又は最低料金の金額や月々の使用量によって違ってきます。

もし今使っている電力会社の基本料金が高いと感じるなら、基本料金無しの新電力に切り替えることで電気代の節約ができるかもしれません。

以下に基本料金が無料の家庭向けプランがある5つの新電力を紹介します。

今使っている電力会社の基本料金+(従量単価×使用量)と比べてみてください。

ピタでん 使った分だけプラン

運営会社 : 株式会社F-Power
提供エリア : 沖縄と離島以外の全国

事業者向けの高圧電力で実績を重ねてきたF-Powerが一般家庭向けに提供している電気です。
ここの特徴は何といっても従量料金単価の安さ。
数多くある新電力の中でも特に従量単価が安いのがピタでんです。

ピタでんの従量料金単価

各エリアごとの単価は次のようになっています。

北海道電力エリア:28.77円
東北電力エリア:25.71円
東京電力エリア:25.71円
中部電力エリア:25.71円
北陸電力エリア:21.13円
関西電力エリア:21.59円
中国電力エリア:23.57円
四国電力エリア:23.93円
九州電力エリア:22.66円

ピタでんの支払い方法・解約金

支払い方法 クレジットカードのみ
契約期間 1年
解約金 1年未満の解約の場合2,000円

ピタでんの注意点は契約後1年未満の解約だと解約違約金として2,000円がかかることです。
とはいえ沖縄や離島以外なら引っ越し先でも使えるため、最低でも1年は使う予定なら問題ないでしょう。
 

あしたでんき 標準プラン

運営会社:TRENDE株式会社
提供エリア:東北・東京・中部・関西・中国・九州 電力エリア

TRENDE(トレンディ)は東京電力HDが立ち上げたベンチャー企業です。
おそらく多くの人は聞いたことのない会社だと思いますが東電グループの会社なので、その点では安心感が持てます。

あしたでんきの従量料金単価

従量料金単価は次のようになっています。

東北電力エリア:26円
東京電力エリア:26円
中部電力エリア:26円
関西電力エリア:22円
中国電力エリア:24円
九州電力エリア:23円

他社と違って従量料金の単価は小数点以下が無いため分かりやすいです。

 

あしたでんきの支払い方法・解約金

支払い方法 クレジットカードのみ
契約期間 1年
解約金 無し

契約期間は1年となってますが、中途解約しても解約金はかかりません。

 

楽天でんき プランS

運営会社:楽天エナジー株式会社
提供エリア:全国(アンペア契約があるところは30A以上)

楽天の子会社である楽天エナジーがが運営する新電力です。
楽天グループのサービスのため毎月の電気代の支払いでポイントがたまり電気代の支払いにポイントが使えます。

楽天でんきのポイント特典

支払いでたまる:電気料金200円につき1ポイント+楽天カード支払いなら100円ごとに1ポイント

支払いに使う:期間限定ポイントも使用可能

楽天のサービスのヘビーユーザーや楽天経済圏の中でポイ活してる人は注目の新電力です。

また、楽天ガスの都市ガスをセットで契約すると、さらに利用料金の100円につき1ポイントたまります。楽天ガスは東京ガス、東邦ガス、関電ガスの提供エリアで利用できます。

楽天でんきの注意点

北海道、東北、東京、中部、北陸、九州電力エリアの場合、今使っている電気のアンペア数が20A以下だと契約できません。
現在の電力会社で20A以下を契約していて、どうしても楽天でんきを使いたいなら乗り換える前にアンペア数の変更手続きをする必要があります。

楽天でんきの従量料金単価

従量料金の単価は次のようになっています。

北海道電力エリア:30.0円
東北電力エリア:26.5円
東京電力エリア:26.5円
中部電力エリア:26.5円
北陸電力エリア:22円
関西電力エリア:22.5円
中国電力エリア:24.5円
四国電力エリア:24.5円
九州電力エリア:23.5円
沖縄電力エリア:27.0円

 

楽天でんきの支払い方法・解約金

支払い方法:クレジットカード 楽天ポイント(50ポイントから利用可能)
契約期間:無し
解約金:無し

 

Looopでんき(ループでんき) おうちプラン

運営会社:株式会社Looop
提供エリア:全国

(株)Looopは東日本大震災の被災地に太陽光発電設備を無償で設置するボランティア活動をきっかけに誕生した会社です。

電力小売りが自由化された2016年4月から申し込み受付を開始しており契約者数は30万件を突破しています。

Looopでんきの従量料金単価

従量料金の単価は次のようになっています。

北海道電力エリア:29.5円
東北電力エリア:26.4円
東京電力エリア:26.4円
中部電力エリア:26.4円
北陸電力エリア:21.3円
関西電力エリア:22.4円
中国電力エリア:24.4円
四国電力エリア:24.4円
九州電力エリア:23.4円
沖縄電力エリア:27.0円

Looopでんきの支払い方法・解約金

支払い方法:クレジットカード 
契約期間:1年
解約金:無し

契約期間は1年となってますが、中途解約しても解約金は無料です。

 

ソフトバンクでんき 自然でんき 

運営会社:ソフトバンク株式会社
提供エリア:北陸・沖縄電力エリア以外のエリア

携帯キャリアのソフトバンクが提供する新電力「ソフトバンクでんき」にある電気プランです。
名前からわかるように、自然でんきで販売される電気は非化石証書を組み合わせているため再生可能エネルギー比率実質100%、CO2排出量実質ゼロの電気となっています。

 

自然でんきの従量料金単価

従量料金の単価は次のようになっています。

北海道電力エリア:31.57円
東北電力エリア:27.50円
東京電力エリア:26.48円
中部電力エリア:27.50円
関西電力エリア:23.42円
中国電力エリア:25.46円
四国電力エリア:25.46円
九州電力エリア:24.44円

自然でんきの支払い方法・解約金

支払い方法:クレジットカード、口座振替
契約期間:1年
解約金:無し

契約期間は1年となってますが、中途解約しても解約金はかかりません。
口座振替でも支払えるのが他社との違いです。

 

まとめ

最後に5社の従量料金単価を電力エリアごとに比較表にまとめます。

  ピタでん あしたでんき 楽天でんき Looopでんき 自然でんき
北海道電力 28.77円 30円 29.5円 31.57円
東北電力 25.71円 26円 26.5円 26.4円 27.5円
東京電力 25.71円 26円 26.5円 26.4円 26.48円
中部電力 25.71円 26円 26.5円 26.4円 27.5円
北陸電力 21.13円 22円 21.3円
関西電力 21.59円 22円 22.5円 22.4円 23.42円
中国電力 23.57円 24円 24.5円 24.4円 25.46円
四国電力 23.93円 24.5円 24.4円 25.46円
九州電力 22.66円 23円 23.5円 23.4円 24.44円
沖縄電力 27円 27円

従量単価の差はそれほど大きくはありませんが、全エリアで一番安いのはピタでんです。

逆に一番高いのが自然でんきですが、こちらは実質CO2排出量ゼロにするため販売する電気に非化石証書を組み合わせており、非化石証書の購入費用が従量料の単価に上乗せされているのだと考えられます。

長期間使い続けるなら従量単価が安いピタでんが良さそうですが、1年未満の解約の場合2,000円の解約金がかかる点には要注意です。
他の4社では解約金はないので不満だったら1年未満でも無料で解約ができます。

 

さらに他の新電力をチェックしたいなら、こちらの電力比較サイトがおすすめ ⇒ エネチェンジ