二酸化炭素の削減のためにできること2つ

二酸化炭素(CO2)の排出削減に何か貢献はしたいけど、今の暮らしを変えたり面倒くさいことはしたくないという人も多いかと思います。

しかし、いつも使ってるサービスを別の物に変えるだけでCO2削減に協力できる方法があり、これなら手軽にできるはずです。

今回そんなサービスを2つ紹介します。

①電気の契約先を乗り換える

2016年の4月から電力の小売り自由化が始まっており、これまでは地域の電力会社(東京電力、関西電力など)しか利用できなかったのが、他の電力会社と契約して電気を利用できるようになっています。

自由化後に様々な企業が電力小売り事業に参入しており、これらの事業者は「新電力」と呼ばれています。

新電力の中には、太陽光や風力などの自然エネルギー(再生可能エネルギー)で発電していたり、「非化石証書」を付けることで実質的にCO2排出ゼロとみなせる電気を販売しているところもあるため、こうした会社を利用することでCO2の削減に協力できます。

石油や石炭などの化石燃料で発電した場合はCO2が排出されるのに対して再生可能エネルギーで発電した場合はCO2が排出されないという環境価値が生まれます。
この価値の部分だけ切り離して証書化したものが「非化石証書」で、これを電気小売り事業者が購入できるようになっているのです。

消費者は非化石証書が購入されている電気を使うことで間接的にCO2排出削減に貢献できます。

電気代は高くならないの?

これについては家族構成や普段の使用量などによって異なるので何とも言えません。

高くなる人もいれば安くなる人もいて、それがどれくらいの金額になるかも人それぞれです。
電力会社のサイトで料金シュミレーションができるので、それを参考にしてみてください。

ほとんどの新電力は解約手数料は無いため、いつでも無料で解約ができます。
このため使ってみて不満だったら元の電力会社に戻したり他の新電力に乗り換えることができるため、まずは試しみると良いのではないでしょうか。

電気の切り替え手続きは簡単

電力会社の乗り換えというと、面倒な手続きがあるように思われるかもしれませんが、実はとても簡単です。

まず自宅の電気メーターを確認してみてください。

メーターの文字盤がデジタル式の「スマートメーター」になっていれば、電気の切り替えは新しく利用する電力会社のWEBサイトから申し込みをするだけです。
今使っている電力会社の解約手続きは切り替え先の電力会社がやってくれるので、消費者は何もする必要はありません。

文字盤がアナログ式のメーターの場合は、申し込み後にスマートメーターへの付け替え工事が行われますが、工事料金は無料で立ち合いも不要です。

申し込みのときに用意するものは、これまで使っていた電力会社の紙の検針票かWEBサイトのマイページ上の契約者情報です。
切り替えにあたり、契約種別(従量電灯Bなど)や契約容量、地点番号、お客様番号(契約番号)といった情報の入力が必要になるからです。

料金の支払い方法はクレジットカードのみのところもあれば口座振替にも対応しているところもあります。クレジットカードも持ってない人は支払い方法にも注意しましょう。

CO2排出量実質ゼロの電気を使える電力会社の紹介

 

②検索エンジンを「Ecosia(エコジア)」に変える

普段ネットで検索するときに検索エンジンは何を使っていますか?

日本ではGoogle、Yahoo!、Bingが主に利用されていますが、この他にも検索エンジンはいくつかあります。

中でも今注目の検索エンジンが「Ecosia(エコジア)」です。

環境先進国と言われるドイツの企業が提供しています。

利益の8割を植林活動に寄付

Ecosiaの最大の特徴は、得られた利益の80%を植林活動を行っている団体に寄付していることです。

植林によって地球上の木が増えることで二酸化炭素の吸収量が増えてCO2の削減につながります。

Ecosiaの収入源は検索結果に表示される広告なので、検索回数が増えるほど植林に貢献できます。

これまで使ってきて日本語の広告はまだ見かけたことがないですが、まずは日本でも利用者が増えることが重要だと思います。

検索で使う電力は再生可能エネルギー由来

Ecosiaは運用しているサーバーで使う電気の200%を太陽光発電所で生み出しています。

ユーザーの検索に必要な電気の2倍の量の自然エネルギー由来の電気が発電されているため、Ecosiaで検索する行為でCO2は増えず、間接的に大気中のCO2削減にも貢献することになります。

この点からもエコジアを使う価値があるでしょう。

Ecosiaをブラウザに追加して使う方法