ペーパードライバー教習~教習所と出張教習の違いについて

数年前、ペーパードライバーから脱却するために出張型のペーパードライバー教習を受けました。

地元の自動車学校にもペーパードライバー教習コースが用意されてましたが、出張教習の方が丁寧に教えてくそうだったのでこちらを利用したんです。

ペーパードライバー講習を受けるなら教習所と出張サービスのどちらが良いのか気になる人もいるでしょう。

今回は両者を比較してその違いをまとめてみました。

教習所のペーパードライバー講習と出張教習の違い

出張教習は対応エリアが限られる

出張教習を提供している業者は都市部に多く、対応エリアはその都市と周辺の地域に限られます。せっかく良さそうな業者を見つけても住所が対応エリアにないと利用できません。

対応エリアは一律料金にしている業者もあれば、対応エリア内でも遠いところにある地域は別途出張料を設定しているところももあります。
この点では都会に住んでいる人の方が有利です。

料金の違い

料金設定は各教習所や出張サービスで違うため一概には言えませんが、私が利用した出張教習と地元にある教習所のペーパードライバーコースを比較したところ、1時間当たりの教習料金では出張サービスの方が高めでした。
出張教習はインストラクターが遠くから自宅まで来てもらうまでの拘束時間があるためどうしても割高になるのかもしれません。

ただ、教習所は入学金などの教習料金以外の費用がかかるところもあるため、2時間だけといった教習時間が短い場合はその他の費用が無い出張教習の方が安くなってました。

教習車の違い

自動車学校では助手席に補助ブレーキペダルが付いている専用の教習車を使いますが、出張教習では受講者のマイカーを使うかレンタカーを借りて教習を行います。

私の場合は車を持ってなかったので追加料金を支払ってレンタカーを借りてきてもらいました。車を持ってない場合は教習所の方が追加費用がかからないためお得です。

出張教習では運転席のブレーキペダルにステッキ状の簡易補助ブレーキを取り付けて、教習中は助手席に座ったインストラクターが補助ブレーキを操作して運転をサポートしてくれます。

ただしMT車には簡易補助ブレーキが付けられないため、自家用車がMT車の場合は補助ブレーキ無しでの教習になります。

カーシェアの車にも対応している業者なら、予めカーシェアの会員になっておき教習時間中だけカーシェアの車を利用することで1日単位で借りるレンタカーを使った場合より費用を安くできます。

教え方の違い

自動車教習所で教える人は指導員や教官と呼ばれ、様々なタイプの人がいます。教習所の「鬼教官」なんていう呼び方もあるくらいで、ネットで調べてみると教官が怖いとか喧嘩をしたといった話も見かけます。
かなり昔のことですが私が免許を取った時に利用した自動車学校でも苦手なタイプの指導員が何人かおり嫌な思いをしたことがあります。

とはいえペーパードライバー教習は既に免許を持っている人向けの教習で試験もないため、それほど厳しく指導することはないようです。免許を取ったときの教習とこれから受けるペーパードライバー向けの教習は別物と考えるのが妥当でしょう。
それに教習所には大勢の指導員がいるためどうしても我慢できないなら申し出て別の人に変えてもらうこともできるはずです。


一方、出張教習サービスで教える人はインストラクターなどと呼ばれ、上から目線で厳しく指導するのではなく優しく丁寧に教えてくれます。

私が利用した出張教習のインストラクターも全然怖くなく人当たりの良い人でした。運転するときのコツをを色々教えてもらいましたが、さすがにペーパードライバー教習の専門家だけあって教え方が上手でした。
教習所はこれから運転免許を取る人への指導がメインですが、出張教習はペーパードライバー専門のサービスなのでノウハウの蓄積があるのでしょう。

出張教習サービスを提供している業者は、企業が運営しているところもあれば個人で営業しているところもあり、業者によって教え方やサービスの質の違いはあるため、どの業者を選ぶかで満足度も違ってくると思います。


教習場所の違い

教習所の場合、最初は教習所内の練習コースで運転して慣れてから路上に出て教習を行いますが、出張教習では初めから路上で教習を行います。(一部には提携教習所のコースを使えるようにしている業者もあります。)

長年運転していなかった人はいきなり一般道を運転するのは怖いと感じるかもしれませんが、私が受けた教習ではまず自宅から車の通りが少ない場所までインストラクターが運転して移動し、そこから自分が運転するようにしたので、それほど怖くはありませんでした。

この点については、過去に運転していた時期がある人と免許取得後全く運転していなかった人、AT社とMT車では違うかもしれません。いきなり路上で運転するのがどうしても怖いなら教習所の方が良いでしょう。

 

まとめ

最後にそれぞれのポイントをまとめます。

教習所のペーパードライバーコース

  • 車を持ってなくても別途費用がかからない
  • 初めは教習所内のコースで練習できる
  • 助手席に補助ブレーキが付いた専用の教習車を使う
  • 教習所まで何度か通うことになる

出張ペーパードライバー教習

  • ペーパードライバーの教習に特化したサービス
  • インストラクターが自宅まで来てくれる
  • 自家用車で教習できる(MT車は簡易補助ブレーキが付けられない)
  • 車を持ってない場合はレンタカー等の別費用がかかる

教習に出せる予算や自家用車の有無などの条件に応じて自分に合った方を選択しましょう。